オリンピックに感化された長男

オリンピックに感化された長男

リオオリンピックが終わってしまい、メダリストたちの凱旋パレードも済んでしまいました。
 走ることが大好きな長男は日本人選手の活躍に見入り、リレーで初のメダルを取ったのを見て感動していました。そして、ウサイン・ボルト選手の抜きんでた速さとメダルの数にびっくりしていました。自分も走るのが早くなりたいといってスタートの練習をしたり、公園を走ったりしていました。最近はそれも下火になり落ち着いてきたのかと思っていたのですが、ちょっと違う興味がわいてきたようです。
 それは2020年の東京オリンピックを自分の目で見てみたい!という夢です。
 今から「ママ、東京オリンピックのチケットを買ってきて」と簡単にいう息子ですが、2020年にはもう大きいんだから自分でとれるんじゃないの?と思いつつ、「はいはい、チケットの入手なんてすごい困難なんだよ」と言い聞かせている毎日です。
 そして、今度学校で青年の主張ならぬ”大声で体育館の2階から自分の主張を叫ぼう!”という企画があるらしいのですが、そこでも「将来はオリンピックで金メダルを取りたい!」と叫びたいといっていました。ちょっと恥ずかしいので自分は主張の見学にはいかないとは思いますが、大きな夢を2つも見つけた息子を応援していきたいと思います。